THE NATURAL SHOE STORE

MENU

TRETORN×Nigel Cabourn~Men’sラバーソールスニーカー~

TRETORN

これまで40年以上にわたり、ヴィンテージミリタリーやアウトドア、ワークウェアからインスピレーションを得て、 "古きもの"  "永く使えるもの" への敬意と情熱を起点に、数々の銘品を生み出してきた英国人デザイナー Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)氏。

この春、スウェーデンの歴史あるラバーブーツメーカー『TRETORN』と『Nigel Cabourn』のコラボレーションにより、懐かしくも新しい一足のスニーカーが誕生しました。


その名は "SAREK SNEAKER(サレークスニーカー)"。

1960年代に注目を集め、かつてTRETORNのアイコンともなった "Racket" と "Nylite" をベースに、今回新たにデザインされた一足には、スウェーデンの有する広大な自然と、「必要なもの」を思慮深く生産するその土地の人々へのNigel Cabourn氏の深い敬意が込められています。

TRETORN × Nigel Cabourn (スウェーデン×イギリス)
SAREK SNEAKER TR480200 25.0~28.0cm ¥16,800+tax

アッパーには "撥水性" のあるリサイクルコットン「ヴェンタイル DRY400 RCO」を使用。
上質な天然ゴムを30%使用したアウトソールは4層構造で、
ラバーブーツの生産を永年にわたり手掛けてきたTRETORNならではの品質です。

熱と圧を掛けて接着するヴァルカナイズ製法により
アッパーとソールの結合を強め、型崩れしにくいといった機能性を高めています。

ラバーソールには、北欧の自然を思わせる深いグリーンが配されました。
左右で色の異なる靴底は、Nigel氏の遊びごころ。

手つかずの自然の広がる土地として名高い土地、Sarek(サレーク)。
スウェーデンはラップランドに位置するサレーク国立公園は
先住民のサーミ族が移り住んだといわれ
1995年にユネスコによって自然保護区に指定されています。


Nigel Cabourn
https://cabourn.jp/

 


PAGE TOP