THE NATURAL SHOE STORE

MENU

なにがでるかな?

2021.11.11

こんにちは。

先日11月7日は立冬でしたね。
まだ秋の気配を感じ始めたばかりだというのに。
季節の移り変わりは本当に早いです。

 

私が冬を感じ始めるのは
ふと見かけたすずめのフォルムが丸っこくなったなあと思う時でしょうか。

そんな丸々したすずめのようなかたちによく似たわくわくしてしまうもの...そう、“がちゃがちゃ”(強引)。
硬貨を入れてレバーを回すとカプセルが出てくるあのマシーンです。

何がでるかな?
なんでもないひとときに、ちょっとしたわくわくをくれる“がちゃがちゃ”が大好きなのですが
中でもご当地パンや絵本のキャラクターにカリモク60のミニチュアなど
大変バラエティに富んだ玩具を取り扱っているケンエレファントさんというカプセルトイメーカーさんがとても気になっていました。
そのマシーンが近隣に勢揃いするという情報を入手。これは行くしかありません!

うわーーーーーい!たくさんある!
平日でしたがJR新宿駅構内にあるのでそこそこ賑わっておりました。
さてどれにしようかな~♪

まずはこちら。

日本の「kawaii」文化の先駆者、内藤ルネさんのイラストが描かれたおでかけトランクコレクション。
これが本命です。狙うはルネパンダ!
さてさて結果は。

出ませんでした。
けれどいかにも昭和って感じの色合いとイラストがかわいい。予想以上のクオリティに大変感動いたしました。

お次はこちら。

工藤のりこさんの絵本『のらねこぐんだん』のキャラクターがそのまま飛び出してきたようなボリューム。
おうちに並べて置いたらひとりぼっちじゃさみしいなと思いこちらだけ2回回しました。

ちなみに縛りがないと性格上とことん楽しんでしまう為1がちゃ1回までというマイルールを必ず課しております。

本命が出てこなくても
作りが細かくて素敵な玩具たちが出てくるのが嬉しくて、時間を忘れて夢中で回してしまいました。

カプセルも色とりどりで捨ててしまうのがもったいない。

 

 

今回の戦利品たちです。
喫茶店コレクションは組み立て式。ちゃんと紙ナプキンまでついてるんです(店名入り)。細かい~!

昭和ノスタルジックのフエルアルバムもルネトランクも開くお作り。

なんとかマイルールを守りきりひとつだけって留まりましたが
これはコレクションしたくなる気持ちがわかります。

ホットケーキを一緒に食べたりアルバムを見て懐かしんだり
おうちに帰ってきてこんな感じで楽しめるところも“がちゃがちゃ”のよいところです。

こちらのメーカーさん毎月新作が出るのでまた見かけたら回してみたいと思います。

 

そんな日本のカプセルトイの歴史は1965年頃からなんだそうです。
諸説あるそうですが、アメリカから輸入された機械が東京都内に設置されたのがはじまりなんだとか。

その少し前の1955年に生まれたのがHAFRINGERのルームシューズたち。
今年はアニマルモチーフをあしらったユニークなデザインも。
暖かいだけではなく見た目も楽しくおうち時間が過ごせますよ。

そういえば。
靴のカプセルトイってまだ見たことないような気がします。
見つけた方ぜひ教えてください!

 

 

 

h.w


PAGE TOP