THE NATURAL SHOE STORE

MENU

茹でたり、茹だったり、

2020.08.20

茹(う)だるような、


とは

まさに最近の暑さのことなのだろうと思います。




あちこちで更新される最高気温。

なんだか、
ここではない、どこかの暑い土地にいるのだと錯覚しそうになります。



ナマステ。

アッサラーム アレイクム。

ハイサイ。



暑い土地には暑い土地ならではの野菜や料理があって、

この時期それらを食してみれば
なるほど理に適っていると感じるのですが、



じつは。

わたくしの住むあたりにも
夏の味覚の郷土料理があります。


「すったて」はご存知でしょうか?



お店のある東京・多摩地区と
わたくしの育った埼玉西部、

いわゆる「武蔵野」と呼ばれるあたりは
古くから小麦の産地で

うどん県ならぬ「うどん地区」です。



真っ白ではなくすこし茶色がかっており、
太く、こしがある。
そしてちょっと塩っけもある。

それが武蔵野のうどんの特徴です。


製麺所も、比較的あちこちにあり、

子どものころは、近所のうどんやさん(製麺所)におつかいに行くのが好きでした。

木箱に並んだうどんの玉を「3玉くださいな」とお願いすると、お店のおばちゃんがビニールと薄紙でもって手早くまとめてくれるのが楽しく、
たまに味見を



おっと失礼、
話が逸れました。


「すったて」は

埼玉は川島という地区の、武蔵野うどんを使った郷土料理で、
夏の野菜と薬味、
そして冷たい「冷や汁」に似たおつゆで食べるうどんです。


いつも食べるのが専門のひとや横着なひとでも(わたしのような)
楽しく簡単に、おいしく食べられますし、

何より夏バテ防止メニューです。


作り方を、というほどのものでもないですが、ご紹介しますね。



材料

・うどん
・胡瓜
・大葉
・ミョウガ
・味噌
・胡麻(炒り胡麻でも擂り胡麻でも)
・水(出汁でも)
・氷

量はすべてお好みで調整してください



【 作り方 】

① 胡瓜と薬味を切っておく

② 胡麻、味噌をすり鉢でよくすり混ぜる

③ ②に胡瓜と薬味を加え、よくよく潰し混ぜる(しっかり潰すと野菜の出汁がでますので)

このとき野菜類を少し残してあとから加えると、食感の違いを楽しめます



④ ③を水(もしくは出汁)でお好みの濃さに溶く


(お店だとすり鉢をそのままうつわ代わりにして食べさせるところもあります)


⑤ お好みで氷を投入し、つけ汁完成



⑥ うどんをつけながら、いただきます


「すったて」とは「摺りたて」のことらしく、
忙しい農作業のあいまにも「摺って」すぐ食べられる。そういう料理です。


台所でなるべく火を使いたくない…そんな暑い日がもうしばらく続きそうですが、
これならうどんを茹でるだけでよいのです。

うどんを蕎麦やひやむぎに替えてもよいですし、
野菜もいろいろなアレンジがききますから、


みなさま
どうぞ「すったて」とともに、残暑ご自愛くださいませ。




どこかで「武蔵野のうどん」を見つけた日には、
ぜひその風味を味わってみてくださいね。

y.t.


PAGE TOP