THE NATURAL SHOE STORE

MENU

黄色い花

2021.02.15

こんにちは。

 

暖かい日と寒い日が交互にやってきて季節の移り変わりを肌で感じるようになりました。
暦の上ではもう春。
今年は統計を録り始めた1951年から最も早い春一番が吹いたそうです。

春いちばんに咲く花といえば梅の花でしょうか?
近所では蝋梅が咲いていました。

都内ですと湯島天神や後楽園など、たくさんの名所がありますよね。
しかしこのご時勢、各地の梅祭りは例年に比べて控えめなようです。

 

お花かあ...普段あまり花を愛でる習慣のないわたしですが,お花のある暮らしには憧れます。
これもなにかのきっかけかと思いまして,オーブン陶土を使った花瓶作りに挑戦してみました。

この工程で進めていきます。
うまくできるかな?

まずは形づくり。
陶土を均一の厚さに伸ばします。
今回は板状に伸ばして作るたたら作りという技法と手で形を作る手びねりの合わせ技。

あれ?思ったより柔らかくて扱いがむずかしい。

次は土台に濡らしたガーゼを巻いて伸ばした陶土を巻き付け形を整えてゆきます。
イメージは円錐形みたいな形。

イメージに近づくよう近づくよう無心で土と向き合います。

ああでもないこうでもないとしているうちになんだか見慣れたフォルムに。
なんだっけかな?
このしずくのようなまるっこい形?

それはちょっぴりふっくらな実家のにゃんこなのでした。
後ろ姿がまあそっくりだこと。

最近全然会えてなくて淋しいな、元気かな。
あのこを思い出して少し予定変更しました。

そうだ猫っぽくしてみよう。

で、できたーーー!!

紆余曲折しながら成型完了。
でこぼこで手作り感が半端ないです。
この後しっかりと乾燥させます。

一週間経ち白っぽくなりました。
さあ焼いてゆきましょう。
170℃のオーブンで約50分~60分。

うまく焼けるとよいのですが、さて。

しっかり乾燥させたので割れずに焼きあがりました(耳焦げてる)。

熱がとれたら色付けします。
お花の色が映えるように白ねこさんにしました。
ぼちぼち完成が見えてきたぞ。

乾いたら防水・耐油コート剤を塗って
110℃のオーブンで約20分さらに焼きます。
そしてそして

 

完成しました~。
小学生の自由研究感が否めませんがこれも味だと思い込むことにしましょう。

初めてのお花はミモザにしました。
黄色くてふわふわまあるいあのお花です。

 

「春は黄色からやってくる」

 

という言葉を聞いたことがありませんか?

これは花粉を媒介する虫たちに気づいてもらいやすいよう
目立つ黄色い花から咲き始めるのだそうです。

わたしも虫と同じか。
なんだか複雑なきもちです。
同時にお花たちの力強い生き様を感じ元気をもらいました。

永く咲くように
心をこめてお世話するからね。

 

黄色いお花がたくさん咲くころには
少しでもおでかけしやすい世の中になりますように。

お店にも少しずつですが
春を告げるような靴たちが並び始めました。
野に咲くお花を探しに行くようなきもちでぜひ遊びに来てください。

 

 

h.w


PAGE TOP