THE NATURAL SHOE STORE

MENU

道草手帳7

2021.10.29

Sです。こんにちは。

「少女A、よく来たね。遠慮はするんじゃないぞ、さあさあ奥までじっくり見ていけ!」
お昼休みに小銭を握りしめ早足で向かうのは、末広通りのお惣菜屋さん“二丁目SOZAI”。
壁一面の振り子時計が目印です。

つやつやと並ぶおにぎり、賑やかなフライやコロッケ(ひとつ60円!)、天ぷら、から揚げ、etc
奥にはちょうど一人分に分けられた、色とりどりのお惣菜たち。
内容は日によって変わり、懐かしい味のマカロニサラダや卵焼きもあれば、小さなハンバーグセット(ひと口ナポリタン付き)、酢豚、南蛮漬け、キャロットラぺにラタトゥイユ、時には鴨のスモークやジャーマンポテトといったビールが欲しくなるようなメニューも。

目移りしながら悩んでいると、「迷え迷え、迷うが世の常、分からないものがあったら聞けよー、分からないまま買うんじゃないぞー。」と親父さん。

注文してから作ってくれるお弁当は5600円ほど。
魚、肉、丼ものがそれぞれ数種類あり、大きさが2つあるのも嬉しい。
白米と黒米から選ぶことが出来るのですが、こちらの甘みがあってもちもちの黒米が大好きです。

暑い日は冷たい麦茶、寒い日は温かい台湾茶を飲みながら出来上がりを待つ間も、目線はショーケースと壁のメニューに忙しく明日は何をたべようかなあと考えている自分がいたり。
毎日きちんとおなかが空いて、満たされるあたたかいご飯を知っている、というのは強い気持ちになれます。

常連さんには同じく近隣で働く方が多いよう。でもこんな気持ちのいい季節には、休日に公園で食べたらおいしいだろうなあ。
ちなみに「社会の片隅でひっそりと…」がテーマなのだと、にやりと教えてくれました。

 

【ROTOTO/奈良】
毎日の選ぶ楽しみ。”一生愛せる消耗品”、ROTOTOの靴下揃ってます。

 


PAGE TOP