THE NATURAL SHOE STORE

MENU

てのひらワークス 小林さん

2021.11.16

こんにちは静岡店です。

イルミネーションが街中を彩る季節になりました。静岡の街中も至るところでキラキラとしたクリスマスツリーなどを見かけるようになりました。皆様いかがおすごしでしょうか?

先日の土曜日に、岡山より靴職人の小林さんがお店に来て下さりました。(真ん中の優しそうな男性が小林さんです)

小林さんの御紹介を少々させてください。

岡山の集落で、一点一点、手作業で靴づくりをしております『てのひらワークス』の主宰の小林智行さんです。

東京で靴づくりを学んだ後、義肢装具製作の現場での経験を重ね、独立後も"BESPOKE(対話から生まれるものづくり)をもとに一人一人の足に沿った靴の製作を行っています。

小林さんは、東京育ち、ご実家は酒屋さんを営まれてるそうです。学生時代は、なんとラグビーをされていたとの事です。

靴作りをしていく中で様々な方と出会い、色々なご縁もあり東京から岡山に移住されました。

小林さんが住まれている近くには、牧場があったりとほんとに自然豊かな場所で、奥様と一緒にのびのびと製作されている姿が浮かんできます。

お話を聞いていると、2人のお子様ものびのびと育っている様子も伺えました。お子様のお話をされるときの小林さんの、ほんとに生き生きとうれしそうな表情が印象的でした。

休日にお子様と一緒にラグビーをやっていたら、周りの子供たちがワーッと集まってきたので、その流れで、なんと子供たちにラグビーを教える事になったそうです。

話を聞いているだけで、なんだか私たちもワクワクしてきました。

そしててのひらワークスの靴のお話。

小林さん曰く、てのひらワークスの靴は、なるべく靴ベラを使わずに履ける靴というイメージを大切にされているそうです。

お子様からご年配の方まで、履く人の生活の一部、身体の一部の道具になるようにという思いも込められています。静岡店では、COMMON・CRAFT.MAMAN.SCHOOLの4種類3色のオーダー展開をしております。

実際に足を入れてみると、足に馴染むような履き心地と、優しいデザインに思わず笑顔になりそうです。オーダーを頂いてから、3か月ほどお時間をいただきます。

ぜひ、てのひらワークスならではの履き心を店頭でお試しください。


PAGE TOP